黄昏の多摩川

youtu.be

今日は授業が終わってから2時間ほど多摩川をブラブーラしてました。リンクはその時に延リピしてた曲です。夕暮れ時と相まってガチで心が震えました。

何回も言うけど多摩川という川、ほんとに好きだ。

多分そこそこの頻度で多摩川に行っている僕としては多摩川は匂いもいいと思う。

なんか草のふわっとした香りと排気ガスの香りが相まってなんともいえないいい匂いがするのだ。僕はそれがとても好きなのだ。

 

あとはやっぱり自転車を漕ぐのも楽しい。

足を上下に動かして、車輪を回す。それだけの道具なのに僕の中を満たしてくれるのだ。

頬に感じる肌寒い風、風を切る音、流れていく景色。

自分が前にも後にもどこに向かっているかもわからない人生の中で確実に、自分の力で前に進むことがはっきりと分かるところに惹かれているのかもしれない。

 

アインシュタインの名言に人生を自転車に例えたものがあるのだが、逆に言えば自転車は人生ということになる。

走り続けなければ転んでしまう。

 

そんなセンチメンタルな逃避行。


f:id:mashitomo0619:20181022235938j:image