アトリエシリーズについて

本日かなり久々の更新となっております。この頃ブログに回すだけのキャパが無く更新できていませんでした。

今回は僕の好きなアトリエシリーズについて書いていきたいと思っております。実はついさっき最新作である「リディー&スールのアトリエ」をクリアしたところで、これはシリーズ三部作の三作目ということもあって、一作目、二作目の場面とかがエンディングで流れたりして、なんかすごい感動しました(><)

 

そもそもアトリエシリーズとは何か。実は結構歴史があるゲームで、一作目は1997年に出ています!まさかの僕と同じ生まれ年。

コンセプトは「世界を救うのはもうやめた」。RPGって壮大な物語が進んでいくと思うんですけど、アトリエシリーズはそういうのじゃない。錬金術師である主人公が小さい目標を成し遂げていく、そんなイメージ。

 

 

僕がアトリエシリーズを知ったのはトトリのアトリエからです。
f:id:mashitomo0619:20180422232201j:image

このゲームをやろうと思った理由としては、トトリちゃんが可愛かったからです。それだけです。


f:id:mashitomo0619:20180422232512j:image

↑トトリちゃん。鬼かわいい。個人的に好きなキャラベスト3には入ってますね(ブヒブヒ

 

動機はこんなんですが、ぼくはアトリエシリーズのゲームシステムがすっかり気に入って、以後のシリーズは全部プレイしています。

アトリエシリーズの最大の特徴はなんと言っても錬金術師ならではの調合システムにあります。僕は調合が楽しいんでこのゲームやってると言っても過言ではないです。

トトリ(というかアーランド三部作)の調合システムは正直アイテムの特性に左右される感があってわりとシビアな印象だったんですけど、次の三部作、黄昏シリーズから調合の仕方が大きく変わったんです。

 

f:id:mashitomo0619:20180422233630j:image

↑アイテムを作るのに品質、特性等に気をつけ最終的にコストレベルの分だけ特性を引き継げる仕様(トトリのアトリエ)

 

f:id:mashitomo0619:20180422233913j:image

↑黄昏シリーズから新要素として素材の属性等でアイテムの能力発現が左右されるように。選ぶ素材で発現する能力が変わってきたり、調合スキルで属性に影響を与えたりと調合の多様性が増した。(エスカ&ロジーのアトリエ)


f:id:mashitomo0619:20180422234407j:image

↑不思議シリーズからは全シリーズの属性要素も踏襲しつつ、パズル的な要素も加わった。パネルの上で入れる順番や触媒、活性化アイテム等の多様な要素が複雑に絡み合う。(リディー&スールのアトリエ)

 

このゲームは基本レベルアップしても能力値がそんなに変わらないので、アイテムが非常に重要。だからこそこの調合システムがこのゲームの要になっています。

しかしながら、このゲームは人を選ぶと僕は思ってます。まず、キャラデザが完全にキモータ向きなんで僕みたいに単純に可愛いぶひぃって釣られる人間はともかく一般向けはしないでしょう。また、システム上こういったチマチマした作業が好きな人しかこの良さは理解できないかもしれません。

また、今の時代はゲームのグラがいいのは当然だと思われてる中、アトリエシリーズの手抜きグラじゃ糞ゲーって言われても仕方ないかもしれません。

でも、僕はアトリエシリーズは日本人が作ったthe RPGって感じで好きなんでこれからも応援したいと思います。

 

こっからは各アトリエシリーズ(僕がプレイした中で)の絵師さん紹介&思い出紹介です。実はシリーズごとに絵師さん変わってて、全員素晴らしいンですよォ。主人公絵と適当な感想載せるんで興味ない人は(^^)/~~~

 

アーランド三部作

 ロロナのアトリエ
f:id:mashitomo0619:20180423000415j:image

アーランド一作目。ロロナの声優さんの門脇舞以が好きすぎた。門脇舞以好きすぎてプリズマ☆イリヤ全部見ました。

 

トトリのアトリエ
f:id:mashitomo0619:20180423000535j:image

最初にやったアトリエシリーズ。わりと難易度高めでなんも攻略読まずに何十時間とプレイした挙句バッドエンドになった苦い思い出あり。お母さんを探す物語で、真面目に泣きました。

 

メルルのアトリエ
f:id:mashitomo0619:20180423000705j:image

メルルは王国立て直す系ですこでした。なんかやたらと百合百合してた記憶が...。ごちそうさまでした。

 

絵師さんは、岸田メルさんですね。絵師さんのくせにそこそこのイケメンで、おかあさんといっしょ歌のおにいさんになってしまいました笑

花咲くいろは」とか「神様のメモ帳」とかのキャラデザだった気がします(曖昧)

 

黄昏シリーズ

アーシャのアトリエ
f:id:mashitomo0619:20180423000924j:image

アーシャは黄昏シリーズ第1作目。ガラッと雰囲気が変わったんで好み分かれるなぁって思いました。僕は最高に好きです。あとウィルベルちゃんっていう魔女が登場するんですけどホントに好きでした。
f:id:mashitomo0619:20180423002535j:image

↑ウィルベルちゃん♡♡すしゃです。

 

エスカ&ロジーのアトリエ
f:id:mashitomo0619:20180423001143j:image

エスカが左で、ロジーが右。ダブル主人公で操作するキャラを選べました。たしかアニメ化されたはず...。そのせいかゲームのクオリティがやたら良かったイメージ。個人的にかなりやりこんだ作品。

 

シャリーのアトリエ
f:id:mashitomo0619:20180423002928j:image

左がシャルロッテ、右がシャリステラ(だったかな、うろ覚えです。)黄昏シリーズ完結作品なんですが、そんなに記憶にない...。

 

絵師さんは左さんですね。めちゃくちゃこの人の絵が好きなんですけど、単体画集売ってなくて、黄昏シリーズのファンブック買いました。

 

不思議シリーズ

ソフィーのアトリエ
f:id:mashitomo0619:20180423003621j:image

左がプラフタ、右がソフィー。ソフィーはそこそこ簡単だったのと、パズル調合が面白かったので新規獲得したかったのかなって印象。実際なかなか面白かった。ソフィーが可愛い。

 

フィリスのアトリエ
f:id:mashitomo0619:20180423004018j:image

左がフィリスで右が姉のリアーネ。この作品からオープンワールド風なマップに移行して普段と違った印象に。そのせいかVita版だとバグばっかでセーブ忘れるとフリーズしてデータ吹き飛んでました(キレ)

 

リディー&スールのアトリエ
f:id:mashitomo0619:20180423004418j:image

左がリディーで右がスール。不思議シリーズ三部作の三作目。エンディングでソフィーとフィリスのイベントスチル流れてきて不覚にもウルッとしました。

 

不思議シリーズはゆーげんさんとNOCOさんの2人の絵師が担当してます。ゆーげんさんがプラフタ、フィリス、リディー。NOCOさんがソフィー、リアーネ、スール。個人的にはNOCO派です。

 

 

 

これからも応援していきたいですね