バカになりたい

現在15時23分。僕は大学のパソコン室にてこの記事を書いている途中である。奇跡的に研究室に入って多少の会話を交わし、実験のアポイントメントを得たので早々に退出し、パソコンをいじいじしている。こういうことをしている時が一番落ち着くのはやはり陰キャが極まっているというほかない。

 

現在、大学三年生。

大学に入学してからもう二年もたってしまった。入学当時のあの頃の気持ち、今では覚えていないが少なくとも金曜日のこんな時間にぼっちでパソコンをいじっているなんて想像もしていないだろう。

 

僕の友達には二年間の中で、バイクを買ったやつだったり、賭け麻雀にどっぷり漬かったやつだったり、そんな熱中した時間を過ごしているやつらがいる。

そんな人達を見ると自分が大学でやってきたものなんて何もないように思えてくるし、実際今のところそうなんだろう。

 

思えば自分の人生を振り返っても熱中できたことなんて数少ない。

ほかの人から見れば熱中しているようにみえることはあるかもしれないが、自分の中では違う。我ながらかなりめんどくさいことを言っている自覚はあるし、メンヘラチックなのは否めない。

だから時々思うのだ。何も考えないようなバカになりたいと。

 

鬱ブログやめたいんですけど今日も無理っぽいです。。。