四苦八苦。ならば僕は、、、

「四苦八苦」という言葉があるのはみなさんもご存じのことだろう。しかし、その由来まで知っている人はそこまで多くないのではないだろうか。

 

四苦八苦はもともとは仏教用語であり、「人間のもつあらゆる苦しみ」といった意味を表している。

四苦の部分は、「生老病死(しょうろうびょうし)」のことで文字通り生きて、老いて、病になり、死ぬことですね。具体的には、生きているだけで不安が募り、老いによって体の自由が利かなくなっていき、病に苦しみ、死への恐怖を感じるってところですかね(白目)

八苦はこの四苦にさらに、

  • 愛別離苦(あいべつりく) - 愛する者と別離すること
  • 怨憎会苦(おんぞうえく) - 怨み憎んでいる者に会うこと
  • 求不得苦(ぐふとくく) - 求める物が得られないこと
  • 五蘊盛苦(ごうんじょうく) - 五蘊(人間の肉体と精神)が思うがままにならないこと

の四つを足したものであるらしい。まぢむり。。。


f:id:mashitomo0619:20180310003109j:image
 

 

これだけ読むと人生辛いだけだし、しょーもなとか思ってしまいそうだが、こんなときこそ逆に考えることが大事だと思う。

どうせ苦しいのが人生なのだから、たいていの苦しいことはデフォ仕様なのだと。自分だけが不幸などと考えるのはおこがましいことであると。

 

 

 

 

四苦八苦。これを課せられた人間達よ。強くあれ。。。