暇人の1日

今回、とある理由からブログを始めたニートもとい暇人大学生である。

ニートといっても最近コンビニのバイトを始めてしまったのだが、バイトがない日はニートと同じようにただの暇人である。こう考えるとニートアルバイターも同じであると言えるし、もっというと社会人も同じようなものなのかもしれない。暇な時間に暇してるか、バイトしてるか、仕事してるかくらいの差違なのではないか?

やはり何よりも重要なのは人生において何が自分にとって大切なのかを把握することであると僕は思う。自分が一番やりたいことをやれるのが一番の幸せだと思うし、その方が生きてるって気がする(語彙力)

だから暇人な僕はよく何がしたいのか思考にふけるのだが、結局いつも答えはでないのでやっぱりこの無駄な時間にバイトやら仕事してる人の方が偉いと思う。

何か夢中になれることはないか、、いつか出会えることを信じこの日記を終えようと思う。

色々無駄なこと考えて全然成長できてない子供みたいな僕だが、このように日々の考えを記録して大人になれたときに見返して懐かしくなれることを期待している。