ぼくのなつやすみ(暇な日編)

今日朝起きたら弟が何の挨拶もなくいなくなってたので悲しみに暮れました、どうもマッシーです。帰省して多分4日くらい経ったはずなんですが、もうやることなくなりました。弟も帰っちゃったし、元々友達多くもないので誰も遊んでくれません。死にそうです。

 

あまりにも暇でブログ書こうと思ったんですけど、書くこともなかったんで無理矢理題材作ろうと海に来ました。

関東行って思ったんですけど、何気に砂浜がバーンッみたいな海って珍しいっぽいですね。f:id:mashitomo0619:20180818172356j:image

遠州灘は海が見える前にこんな感じに砂丘があってここを進んでいくのが楽しいです。写真だとアレですけど実際奥に行くまでに割と歩きます。

f:id:mashitomo0619:20180818172544j:image

↑サンダルで来たんですけど歩きづらすぎて裸足で歩く。砂がサラサラしてて気持ちいいけど、貝殻の破片とか刺さる可能性あるんであんまり真似しない方がいいかも。

f:id:mashitomo0619:20180818172729j:image

砂丘を越えると海見えます。

「海だー!!!」(心の声)


f:id:mashitomo0619:20180818172825j:image

流木。

 

海1人で行って音楽聞きながらエモい気分になろうと思ったのに、意外と観光客いて無理でした。でも、その代わりに夏休み気分を味わえたので良かったと思います。

昔は色んなところから海岸に行けたんですけど、いまはそこまで自由に行ける感じにはなってないんで行くんだったら中田島公園とかがオススメですね。

 

さぁ、まじでやることなくなったんでそろそろ関東戻るか…。

 

アオハルしていくぅ

本日は高校の部活の友人と先輩とテニスをすることから一日が始まりました。

f:id:mashitomo0619:20180817231536j:image

テニスというか、激しい運動自体がくそ久しぶりだったので開始してから5分も経たないうちに日陰に座って観戦してました笑

ただ、久しぶりにするテニスはとても楽しく自然と高校時代を思い出させてくれました。高校の部活の顧問のモノマネとかして盛り上がる様はまさに青春って感じでしたね(しみじみ)

 

そのあとガスト行って昼飯を食ったのですが、なんとCMのあれが当たって無料になりました笑
f:id:mashitomo0619:20180817231950j:image

今日、ちょうど家に財布を忘れてしまい、先輩に不本意ながら(ありがたいことに)奢ってもらう予定だったのにこうなるとは…。悪運強いっすね僕。

 

そのあとは浜松にはなんもないんで、友人と佐鳴湖っていう浜名湖に比べたら知名度もデカさも月とスッポンな湖に行きました。

高校来の友人とママチャリ押しながら湖畔を歩き、話を咲かせる。

なんとも青春ではないでしょうか。

f:id:mashitomo0619:20180817232255j:image

水切りやってみたり。


f:id:mashitomo0619:20180817232330j:image

なんか釣れんのかなぁって眺めたり。

 

何も無い小さな湖をただ歩いていただけですけど、なかなか楽しかったし、エモかったですね。

やはり故郷ってよいものだ…。

 

ひたすら某ソシャゲをdisり、その上ほかのゲームのポジキャンをする

ここから先はFGOとかいうくそ以下のクソゲーの批判しかしないので、FGOをやっている方、disるのを見るのが嫌いな方は読むのをやめた方がいいかもしれません。またここから書き込むことは私怨であり、個人的な意見が多く含まれます。

 

 

 

まず、タイトルで某ソシャゲなどど言っておきながら1行目で名前をバラしたことについて謝罪をすると共にFGOの批判を始めたいと思います。

 

まず、このゲームの1番糞なところは運営が顧客を金づるのキモ豚共程度にしか思ってないところです。ここが1番ムカつきます。正直まじで不快になります。ガチャは課金して当たり前みたいな風潮が死ぬほど嫌。そのくせ、課金したらしたでメリットがあまりに少なすぎる。ただのパチンコ。絶対に課金しない方がいい。

キャラ自体にはすごい愛着が湧くようになっているくせに、この子を出したいって切に願えば願うほど裏切られます。人を馬鹿にしてるとしか思えませんね。ろくにゲーム性もないソシャゲっていうのは価値の9割くらいがガチャなんだからそのガチャで不快になるのは非常に宜しくないと思います。

すごいまとめるとここで言いたかったことは、「ガチャ欲を煽るだけ煽って、キャラは出さない」ってことですね。ひたすら煽られてる気がするのでこんな運営嫌いにもなりますよ。クズ共が。

 

しかし、僕も一年前くらいはこのゲームを少々真面目にやっていた時期があるので良い点があるのも知っています。先程も述べたとおりキャラクターに愛着が湧くのはもちろんのこと、そのように仕向けられるストーリーも面白いです。しかし、それを台無しにするようなゲーム性の無さとガチャの渋さ。だんだんとプレイしているうちに悪い点にしか目がいかなくなるのも仕方の無いように思えるほどです。

 

そんなこんなで僕はFGOに嫌気がさして引退したわけですが、それにはもう1つ理由があります。

それがこのアズールレーンですっ!

f:id:mashitomo0619:20180817003856j:image

このゲームはソシャゲ界ではかなり評価していいと思います。運営が愛に溢れています。まず第1にして決定的な違いをこの場に提示します。

f:id:mashitomo0619:20180817004121j:image

 


f:id:mashitomo0619:20180817004136j:image

お分かりいただけただろうか?上はFGOのガチャ画面で下がアズレンの画面なのだが、明らかに最高レアの排出率が違う。FGOのは鯖を読みまくって1%に対し(さすがに偏見)、アズレンは余裕の7%。この時点でどちらが優良ゲームなのか懸命な読者なら分かるだろう。

次に課金システムについてだ。ソシャゲはソシャゲであるが故に課金をしてもらわなければゲームを運営できない。したがって、課金を促すことは必然なのだがその方法がアズレンは素晴らしいと僕は思う。

FGOに課金というと、基本はガチャ以外ありえない。なぜならガチャは全くと言っていいほど欲しいものが出ないので、どうしても欲しい人は課金で石を買って出さなければならないからだ。

しかし一方のアズレンは普通にプレイしていれば勝手に石は貯まるし、そもそも排出率が高いのでガチャすれば大抵の期間限定キャラが揃う。ではどこに課金するのか?それはシステム面への課金だ。

このシステム面への課金というのは本来しなくてもゲームはできるのだが、するとより快適にゲームができるというイメージをしてほしい。ここで僕が言いたいのは「課金自体が無駄になることは無い」ということだ。ガチャへの課金というのは当たらなければ無駄になるが、このシステム面への課金は要するにお買い物なのだ。パチ台に金を突っ込むのとは訳が違う。

さらにキモ豚を悦ばせるための課金システムもある。それがエロ水着(スキン)を購入することだ。これは通常のキャラに課金をすることでエロ水着(スキン)に変えることができるというものだが、これの完成度、充実度がはんぱない。確実に手に入るし、逆にこのスキンが欲しいからこのキャラをとろうみたいなモチベにつながる。言い忘れていたが、アズレンではほとんどのキャラがゲーム内でドロップするのも良い点のひとつだ。そう、努力すれば確実にキャラが手に入るのだ!

f:id:mashitomo0619:20180817010226j:image


f:id:mashitomo0619:20180817010240j:image

↑スキン購入でエチエチする。

長くなったが、糞ゲーのFGO神ゲーのアズレンの違いは要するに、

「博打か買い物か」というところに収まるだろう。

アズレンはFGOに比べたらゲーム性もあるし、何より運営が優しい(Twitterとか見る感じ)気がする。課金も消費者の気持ちがしっかりと製作者側に反映されている気がするので素晴らしいと思う。そして何よりキャラが可愛いしそれが毎日の癒し。

 

もっと言いたいことはあるが、アズレンをしたいのでそろそろこのブログを終えようと思う。ここまで付き合っていただきありがとうございました。

変わる良さと変わらない良さ

世の中には変わることで良さみを感じることと、変わらないことが良さみにつながる2つのパターンが存在すると僕は思う。

故郷っていうのは絶対的に後者だと帰省中の僕はしみじみと思い知らされている。

家の近くの某ハンバーグ店は昼頃に相変わらず行列を作るし、家の前の犬は相変わらずキャンキャンとうるさい。家の中にもキャンキャンとうるさい母親がいるが元気そうでなによりだ。

久々に会った弟も筋肉がつき細マッチョマンになっていたが、根本的なところは何も変わらない我儘な兄貴に振りまわされる弟のままだった。

 

このブログ、散歩しながら書いていたのだが突然の雨に降られ近くの高架下へと逃げ込んで続きを書いている。
f:id:mashitomo0619:20180816185012j:image

この地下通路は僕が高校に向かう時に必ず通っていたものだ。かつてこの下で不良に絡まれるという漫画みたいなことが起こったのだがそれも昔の話だ。

 

この街も何年か経って少しは変わったところもあるが、基本的には何も変わっていない。それが僕にはとても気持ち良い。

 

……。

 

こんなブログを書くよりも、傘を持ってこなかった僕はそろそろ家にどうやって帰るかを考えなければならない。

 

ちなみに、変わることで良さみを感じることってのは芦田愛菜ちゃんを見てればよくわかります。

わいの夏休み

どうも、今日4時に起きて始発でコミケに行こうとしていたのに一緒に行く予定だった友人と西と東で分かれてしまうことが発覚して泣く泣く行くのを諦めたマッシーです。(早口)

コミケ3日目行きたかったんですけどね。。。雨だし、4時間1人で待つのはさすがにしんどいと判断しました。4日目として秋葉原で同人漁れればいいかなって思います。一応昨日2日目に行ったんですけれども企業しか興味がなかったので全然買い物しておりません。アトリエのタペストリーだけですね。

f:id:mashitomo0619:20180812225215j:image

フィリスのアトリエタペストリー。浴衣で百合百合されたので秒で購入してきました( ^ω^ )

 

僕の大好きな「アズールレーン」も企業ブースが出ていたのですが、グッズにあまり惹かれなかったので購入はしてないです。


f:id:mashitomo0619:20180812225914j:image

看板だけでテンション上がりました。


f:id:mashitomo0619:20180812225939j:image

アズレンの痛車。需要が分からん。

 

実はコミケに行ったのは今回が初めてだったのですが思ったよりは快適でした。というのも、時間がかなり遅めだったので人もそこまで多くなく、キモ豚共の集合したときの臭いもそこまで気にならなかったですね。外は死ぬほど暑かったですけど、なんとかなりました。f:id:mashitomo0619:20180812230244j:image

 

とにかく楽しかったんですけど、それだけに今日行かなかったことが悔やまれます。でも、流石に4時間1人はしんどいです。キモヲタとしての覚悟が足りない証拠なのでこれからもっとキモくなっていこうと決意しました。

 

と、いうわけで今回行きたかったけど行けなかったサークルさんをいくつか紹介して、それで供養していきたいと思います。(本だけ買いには行きますが)

 

まず今回1番行きたかったやつ。
f:id:mashitomo0619:20180812230729j:image

凪白みとって絵師さんのサークルですね。この人は白髪、ケモ耳大好きな人でまさに僕の好みド直球なんですよね。僕の今の待ち受けとかこの人の絵です。

f:id:mashitomo0619:20180812231120j:image

 

つぎはあさひあげってサークルです。ポコって人の絵が好きで行きたかったです。。。ちなみにポコさんはキツネっ子とかよく描いてるんで恐らくケモナーの方です(察し)
f:id:mashitomo0619:20180812231259j:image

 

とまぁ、こんな感じで他15個ほど行きたいサークルがあったんですが、他は委託でも全然間に合うかなと考えております。

 

今回サークルを調べていくうちによくわかったのが、自分という人間はおそらくケモナーということですかね。明らかに行きたいサークルの本にケモ耳がついた子が出てくるんですよ。なぜこれほどまでにケモ耳に性的興奮を抱くのかは未だ不明のままですが、きっとこれからも死ぬまでケモ耳が好きであるに違いないと何故か確信しました。

また最近ポケモンをやっているという話をしましたが、これによってどんどんケモナーレベルが上がっているような感じがします。f:id:mashitomo0619:20180812232356j:image

これは有名な(?)ケモナーレベルの段階を示した図となっているんですが、以前は2くらいまでだったのに、最近5くらいまでいけるようになった気がします。ん?5って最大か。まぁ、いっか(すっとぼけ)

ポケモンってケモナーを作ると思うんですよね。別に理由とかないですけど、やってたら可愛くて胸がトゥンク♡トゥンク♡してくるでんですよ。
f:id:mashitomo0619:20180812232857j:image

モナーのキモ豚で社会不適合者なんでこの先路頭に迷ったら仏陀のように身投げして動物達の餌になれれば本望です。

さようなら。

 

くそ久しぶりのブログ

どうもみなさん、アローラ!

ここ何十日かブログを書くことから逃げていました。理由としては書くのが面倒になったからです。そして今日書く気になったのは気が向いたからです。そんな感じでやっていきたいと思います。

 

ブログを書いていない間に僕も夏休みに突入して、色々書けそうなことはあるんですがあえてポケモンの話をします。

というのもここ3日間でポケモンの「サン」をほとんど寝ずにプレイしていたんです。で、先程殿堂入りを果たしたのでなんとなしに書いていこうと思った次第であります。

 

まず、今回ポケモンをいきなり始めた最大の理由としてポケセンで買ったロコンちゃんのぬいぐるみが挙げられます。
f:id:mashitomo0619:20180809015403j:image

この子が可愛すぎて、もっとこの子のことを知りたすぎてポケモン始めました。。。

 

サンやってみて最初に思ったのがポケモンってやっぱり神コンテンツなんだなってことです。最初のOPから過去作を踏襲しつつ、新たな試みをしていく姿勢が感じられてテンション上がりましたね(語彙力)

正直、最近のポケモンのデザインはかなり低年齢層を意識したものだと思っていて案の定好きになれるポケモンが少なかったんですが、昔のポケモンも道中に出てきてそれもすごい良かったですね。

僕の世代だと多分最初にやったのがサファイアとかルビーでガッツリやってた時期がダイヤモンドパールだと思うんですけど、そこらへんのポケモンが来ちゃうとやばいですね。懐古厨な僕はそれだけで神ゲー認定しちゃいます。

ちなみに僕はホウエンだったらサーナイトが一番好きで、シンオウだったらグレイシアが一番好きでしたね(聞いてない)

f:id:mashitomo0619:20180809020214j:image


f:id:mashitomo0619:20180809020315j:image

とにかくまぁ、そんなこんなでストーリー進めたんですけど昔に比べてだいぶストーリーの難易度が上がってる気がしました。実際、何度か目の前が真っ暗になったので。

ただ難しくなること自体は悪いことではなく、むしろ今までの(僕がやってきた)ポケモンは道中作業ゲーだったのである程度難しくなることでゲーム性が増したような気がしました。

あとストーリーの中身自体もすごい良かったです。リーリエたんというプレイヤーと別に物語の主人公を置くことで彼女の成長物語を楽しむことが出来たのは良い点だったのではないでしょうか。普通に最後の方泣きそうになりました。あと単純にリーリエたん可愛すぎる。

f:id:mashitomo0619:20180809020811j:image

↑リーリエやばいかわいい

 

そうなんですよね。全体的にキャラが可愛いんですよ。昔も可愛いキャラはいましたけど、増し増しでキャラの可愛さがすごかった。リーリエたんはもちろんのこと、アセロラちゃんもマオちゃんもスイレンちゃんも可愛かったです。リーリエは別格に可愛かったんですが、マオが次に好きでフィギュア探したけど無くてガッカリしました(リーリエのフィギュアはあるので買います)。


f:id:mashitomo0619:20180809021516j:image

↑マオ。元気いっぱいで可愛い。

 

あと1番楽しかったのは主人公の着せ替えですかね。これが神すぎた。自分好みの女の子作ってそれで旅できるとか考えたやつ天才以外の何物でもないだろ。お金が貯まり次第服買いまくってました笑

僕が理想の女の子として作った主人公を下に貼っておきますね( ^ω^ )

f:id:mashitomo0619:20180809022209j:image

とにかく色々な要素があって、そして何より久々にポケモンもやったとあってか、すごく面白かった!今回は友人にDS借りてやってたけど、真面目に購入も考えるレベルでした。本当はレート戦とかに潜ってみたいんですけど、育成のやり方とかなんも知らないのでもう少しエンジョイ勢でいようと思います。

まだ殿堂入りしたばかりなのでこっからも楽しめると思うのでしーっかりとやっていきたいと思います。

 

 

死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね

死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね

セミ死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね

セミとかいう害虫死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね